地金型金貨のメリットと注意点

金地金は、500g未満での購入の際にバーチャージという別途売買手数料が発生します。これは、金地金は、1㎏が流通のメインとなるため、マイナーな売買にあたり、別途に手数料を支払う必要があることによります。

地金型金貨は、金地金のようなバーチャージが存在しないため、余計な売買手数料を支払う必要がありません。1㎏以上となると100万円単位の資金が必要となり、少量の金地金の購入ではバーチャージが発生し、その額も決して安くはありません。したがって、少量から金投資を始めたいという方には、金地金よりも地金型金貨の方がおすすめなのです。

地金型金貨は、金の重量だけで価値が決まるものではなく、デザイン料や加工費などの付加価値であるプレミアムが上乗せされて販売されているものです。実際の金の価値に5%~11%程度上乗せされている形になっているため、割高感があるかもしれません。

しかし、売却する際にもプレミアムは適用されるため、実際には投資家が負担する額に含まれるものではありません。そのため、保有している地金型金貨に傷やへこみなどが生じると、プレミアムの価値がなくなり、地金同様に取引されることになります。保管には細心の注意を払うことが求められます。