金投資の種類

金投資は、市場で毎日価格が変動する金を売買することで利益を得る投資方法で、さまざまな種類があります。月々わずかな金額で購入ができる「純金積立」は、ローリスク、ローリターンではありますが、主婦などでも始めやすく初心者に向いています。

現金を積み立てるように、毎月指定した金額が自動的に引き落としされます。「金ETF」は、どちらかというと株取引に似た方法で、リスクもリターンも普通程度のものです。正式には「金価格連動型投資信託」という名称で、金地金の投資隠宅を有価証券化して証券取引所に上場したもので、証券会社で購入することができます。

金を使った「投資信託」は、値動きが激しいため、並み以上のリターンが期待できるものの、ややリスクが高いものです。金の現物保有で一般的となっているのが「金地金」の購入です。金地金商や鉱山会社、商社のほか、一部、金融機関の支店でも購入することができます。

加工や刻印、輸送などに関わる諸経費がプレミアムとして加算されているため、小売価格が割高になること、100万円単位のまとまった資金が必要となることなどの特徴があります。また、最近は、手頃に手に入れやすく、保管場所にも困らない金貨の購入も人気となっています。